整形とプチ整形の違いとは

鏡を見るのが嫌になるという方はかなりいらっしゃいます。 一重瞼が嫌だと思う方、鼻が低いこと、しわが沢山あることなどなど。 ぱっちり二重の人や鼻が高い芸能人を見たりすると、劣等感があおられる。 そんな自分のコンプレックスを、プチ整形で解消してみませんか?

プチ整形で理想の顔に近付く

整形と聞くと芸能人やお金持ちの奥さんがするようなものというイメージがありますよね。
アイドルや俳優の整形疑惑がバラエティー番組で取り上げられたり、ご近所付き合いの噂で聞いたりと言うこともあるのではないでしょうか?

基本的に、テレビなどの情報紙ではあたかも整形はよくないことだと言う風に取り上げます。
元からある顔を大切にというのも分からなくはないのですが、やはりコンプレックス等気になるところは克服したいものです。

でも整形は大抵の場合体にメスをいれます。
刃物が苦手な方や、傷跡が残ることが気になる方はどうしても渋ってしまうものです。

そんな方々に向けて、最近はプチ整形というものが現れるようになりました。
整形よりも身近に感じる響き、プチ整形とはなんなのでしょう?

整形というのはネガティブなイメージがついてまわります。
特に費用が高いことや、人にバレたらどうしようと不安に思うことも必ずあるはずです。
また、失敗してしまったら後には引けないというのも特徴としてあげられます。
美容整形手術という名の通り、手術ですからメスをいれることもあります。

しかし、プチ整形の方はその点での心配は不要です。
プチ整形であれば術後の痛みも少なく、傷跡が残りにくいです。

何故かと言うと、プチ整形はメスを使わないからです。

メスを使わない整形ですから入院の必要もなく、日帰り手術が可能なのです。
更に費用も少ないので、基本的に経済的です。

デメリットとして時間がたつと元に戻ることを指摘されることもありますが、逆に言えば失敗しても元に戻ると言うことです。
思うような結果が得られなくても、時間さえたてば元通りになりますから再チャレンジが可能です。
では、どんな事ができるのでしょう?

おすすめリンク

こんなことまで?憧れの体型になる

プチなんだし、出来ることなんてせいぜいこれぐらいだと思っていませんか? いえいえプチ整形で出来ることはまだまだあります。 例えば、小顔になることも、ダイエットも、胸を大きくすることもできるのです! では一体どんな方法でそれらを叶えるというのでしょう?

プチ整形にデメリットってあるの?

こんなに魅力的なプチ整形。 普通の整形手術なんてしなくてもいいじゃない、と思うかもしれません。 ですが忘れていませんか? プチ整形は、そのメリットがデメリットとなって返ってくることもあるのです。 また、それらデメリットをうまく避ける方法もお伝えします。