>

整形とプチ整形の違いとは

二重にするために糸を埋め込む

愛らしい女性の目元としてまず挙げられるのは、ぱっちりとした二重瞼ですよね。
でも、一重だったり奥二重の人も数多くいらっしゃいます。

特に一重であることをひどく気にしている方であれば、もしかするとテープなどを使って二重を作っていらっしゃるかもしれません。
ですが、それは長期的に見ればあまり宜しいものとは言い難いことがほとんどです。
また、人によって合う合わないがありますから思ったような効果が得られないこともあります。

そんな方々の悩みを解決するのが、プチ整形の中でも有名な二重手術です。
手術内容は医療用の糸を埋め込むというものがオーソドックスです。

自分の瞼の状態に合わせて埋め込む糸の数をかえることで、自然な二重を手に入れることが出来ます。

注射をするプチ整形

プチ整形での技法において最も使われている技法、注射器を使ってのプチ整形。
鼻を高くしたり、顔周りを整えるためにもつかわれます。

通常の整形手術と手法がどう違うのかは一目瞭然ですが、これらの手術結果に差異はないのでしょうか?

整形手術の場合は人工の軟骨等をいれることで鼻や顎を高くすることが出来ます。
ただし、これらの軟骨が自分に合っていないものであったりすると表情に違和感が発生してしまいます。

それに対してプチ整形は、範囲と量を調節したうえでヒアルロン酸などを注入します。
ただ、量が多かったり時間がたったりしてヒアルロン酸が拡散してしまうと元の状態になってしまうというデメリットがあります。

これらの差として最も大きいのが失敗したときになります。
プチ整形であれば、体内に吸収されていくのでやり直しが出来ますが、人口軟骨の場合は簡単にはやり直すことが出来ません。


この記事をシェアする